鳩の被害を対策する術を熟知して損なし|対抗策を練るべし

執念深い性格

住宅

多くの家庭に迷惑を掛けている鳩は、一度安全な場所として認識するとなかなかその場所から離れようとしません。二度と鳩が来ないように対策をとることが最も重要ですが、簡単に網を設置するだけでは隙間を探してくぐり抜けてくるでしょう。鳩は一度気に入った場所に対しての執着がものすごく強いのです。また、住処として認識した場所は、一生のペアと決めた夫婦で生活する場所になる為、意地でも離れようとはしないでしょう。そんな鳩の習性を把握した対策法として、網ではなくテグスやワイヤーを用いた柵を設置すると効果的に鳩の侵入を防ぐことができます。網だと歯で噛みちぎる可能性もありますが、テグスやワイヤーであれば噛みちぎられる心配はないでしょう。

鳩対策となるアイテムの一つには忌避剤が含まれており、鳩が最も苦手としています。忌避剤は塗布するタイプと撒くタイプがあるので、常時鳩避けとしての効果を発揮させるなら塗布するタイプが最適です。お気に入りの場所で羽を休める鳩は、ベランダの手すりに好んで足を止めるようになるでしょう。その為、手すりに塗布しておくと鳩を寄せ付けなくなります。寄り付く鳩が確実に減っているかどうかを確認する方法は糞の有無を見ることです。過ごしにくい場所だと認識されると、群れのまま他の休憩所や住処を探し求めていくので、状況は一変するものです。自己流で鳩対策しても効果が見られない場合は、駆除業者へ依頼してプロの技による効果を実感してみるといいでしょう。費用以上の効果をもたらします。