鳩の被害を対策する術を熟知して損なし|対抗策を練るべし

困った鳥が棲み着く

鳩

身近にある公園などで鳩を見かけるという人は多くいるでしょう。鳩は今や、全国各地で生息している野鳥として知られています。近所で見かける分には大きな被害を受けることもありませんが、対策をしていないと自宅に棲み着かれる可能性があります。自宅に鳩が棲み着いてしまうと多大なる被害を受けることが予想されます。鳩は、住処として認識する前に休憩所として度々その場所へ訪れるようになるでしょう。その際には、自分の縄張りと主張する為に糞をもたらしていきます。鳩の糞には、サルモネラ菌を始めとしてさまざまな細菌が生息しているので住民に健康被害が及ぶ可能性があるのです。特に、数日間放置されて乾燥した糞の細菌はさらに繁殖しているので、最も危険な状態だと言えるでしょう。鳩の糞を発見した際には、即水をまき、洗剤でしっかり消毒して洗い流しましょう。そして、二度と来ないようにしっかり対策することが重要です。

鳩は子育てをする巣の場所を決める際の条件として、一番安全であることを掲げています。鳩の天敵となるカラスや猫などは鳩の卵を狙うので、それらの生物が入り込めないところを選ぶでしょう。該当する場所には、高層マンションやアパートのベランダがあります。気づけば、ベランダに鳩が棲み着いていたという事例は少なくありません。鳩が棲み着かれた場合には、すぐに対策として駆除業者を雇うといいでしょう。鳩は鳥獣保護法で守られているので、一般の人が処分したり捕獲したりすることが禁じられているのです。駆除業者は捕獲の許可を得ているので、処分や捕獲、回収の全てを一任することができます。駆除業者を雇うことは、最も効果的な対策法となるでしょう。