大空を飛び回る害鳥を退治|重要となる鳩対策の方法を知ろう

困った鳥が棲み着く

鳩

野生で生息している鳩は、普段は公園や大型デパート等で群れをなしているものです。しかし、子育てをする巣を探す為に一般住宅に棲み着くことがあるでしょう。そうならないようにする為には対策が必要となります。

詳しくはこちら

執念深い性格

住宅

多くの人から利用されている鳩対策法として駆除業者を雇う方法がありますが、ホームセンターで販売されているアイテムを用いることも有効的だとされています。忌避剤を塗布する家庭も増えているでしょう。

詳しくはこちら

駆除業者に一任

2人の男性

健康被害のみならず、糞害など住人に多大な被害をもたらす鳩は、早めに対策をとることで充分に寄せ付けない効果を生み出します。早急に問題を解決したいということであれば、駆除業者に始めから一任しておくといいでしょう。鳩の被害は放置しておくとあっという間に拡大する恐れがあります。被害を最小限に抑える為にも、行動は早く取るべきだと言えます。駆除業者の中には、24時間受付対応しているところもあるので、鳩による被害を受けていることが分かったときにはすぐに依頼しておきましょう。

鳩対策のエキスパートとなる駆除業者は、費用の見積もりを行なう際に被害の規模を調査することから始めます。見積もり自体は無料で行なえるので、複数の業者に依頼して費用の安いところを利用するのもいいでしょう。駆除する鳩の数が多いと割高な費用が掛かりますが、平均でも約25,000~30,000円だと言われています。駆除業者は、今ある鳩からの被害を解消するだけではなく、今後の対策として長期的に鳩を寄せ付けない効果ももたらすので頼りがいがあると言えるでしょう。

駆除業者へ依頼する際には、駆除実績を豊富に持っている業者を選ぶことが大切です。多くの家庭に選ばれている理由は、費用の安さと効果の高さにあるでしょう。駆除作業当日には、数時間作業に要するケースが多いので、あらかじめ業者と共に都合を合わせておきましょう。糞害の後始末も徹底して行なってもらえるので、アフターフォローの大きさも実感できます。大空を飛び回る害鳥を退治しましょう。

購入可能な対策グッズ

はと

厄介な存在となる鳩には、対策グッズとして捕獲器や防鳥ネット、ケーブルバードなどがあります。それらのものを使って鳩を寄せ付けない工夫を凝らすと鳩対策となるでしょう。

詳しくはこちら